越智クリニック

Author's posts

医院日程

下記の時間帯は院長不在となりますのでよろしくお願いいたします。

【院長予定】

今は、ここに表示する直近のイベントはありません。

糖尿病と難聴

糖尿病の合併症に目や腎ぞうがあるが最近、耳、即ち「難聴」が注目されている。
糖尿病医学雑誌「Current Diabetes Report」(2016年1月号)に「2型糖尿病は難聴を合併するリスクが高い」と出された。
日本でも新潟大のチームが2万194人を対象に分析した所、糖尿病の人はそうでない人より聴力障害リスクが2.15倍高く60才未満ではそのリスクは2.61倍に上昇したとある。何故起こるのか?難聴は「伝音難聴」と「感音難聴」があるが、糖尿病由来は「感音難聴」である。これは内耳の感覚細胞から大脳までの音を感知する神経の障害である。「内耳動脈硬化」「血管条の毛細管肥厚」などが報告されている。
次に難聴からうつや認知を呼び起こす可能性です。聴力が低下するとコミュニケーションが取れないため人との関わりが少なくなり不安、孤独からうつ病を発症する。また耳からの刺激が減ることで脳の認知機能が衰えて認知症になる。
逆に「聴力の低下」→「糖脳病の発見」の場合があります。
聴力が低下した人はまず糖尿病の精査もして下さい。

1476951612_img574(追伸)

10月18日で、ゆうちゃんは7才になりました。

当院職員をはじめ、患者さん、薬関係の多くの方からお祝いをいただき、ゆうちゃんは幸せ者です。3月にはお姉ちゃんとして頑張って欲しいと思います。

本当にありがとうございました。

img_0439 img_0437
img_0438-001 .................................................................................................
img_0441 img_0440
img_0443 img_0442

 

下の写真は、和霊神社(宇和島)でおみくじを引いて「大吉」だったと喜んでいるゆうちゃんでした。

 

img_0435

はじめに

越智クリニックホームページへようこそ!

パソコンをご利用の方は上記メニューより 院長コラム や ゆうちゃん&まりかちゃん関連記事 などを御覧になれます。また右メニューより各種情報ページにアクセスできます。

スマートフォンをご利用の方は画面上部左にある  のボタンをタップしていただければメニューが表示されますのでご活用ください。パソコンと同じ画面構成で閲覧されたい方は、最下部でモバイルとディスクトップの切替えができるようになっていますので一度お試しください。

続きを読む

医院のご案内

診療科目

内科 外科 整形外科
肛門科 放射線科 リハビリ科

入院設備有り。在宅医療・訪問医療も行っています。最近非常に多い交通事故の治療にも対応しております。また他施設からの入院患者様の受け入れも積極的に行っています。お気軽にお問い合わせください。

なお当院は、有床診療所入院基本料在宅復帰機能強化加算を算定しております。

診療時間

平 日

09:00~12:00
13:30~18:30
(水曜日の13:30〜15:00は往診につき不在です)

土 曜

09:00~12:00
13:00~15:00

休診日

日曜・祝祭日

所 在 地

〒790-0823
愛媛県松山市清水町1丁目8−25
TEL:089-923-3822
FAX:089-924-6021

アクセス

 伊予鉄環状線清水町駅 すぐ南
平和通りホテル泰平前より北進100m左

駐車場

駐車場地図
第2駐車場

第1駐車場

第1駐車場

第2駐車場

 第3駐車場

第3駐車場

血液検査で認知症の早期発見を!!

当院では採血にて、軽度認知障害を早期発見する取り組みを行っています。

50才以上の方(MCIスクリーニング検査) 21,000円(税込)
50才以下の方(APOE遺伝子検査) 16,000円(税込)

結果は2~3週間かかります。

プラセンタ治療

当院ではプラセンタ治療を行っています。

プラセンタとはお母さんのおなかの中で赤ちゃんを育てる「胎盤」のことです。
プラセンタの中には3大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質はもちろん各種ビタミン、ミネラル、酵素、核酸などの生理活性成分が豊富に存在します。

プラセンタ注射により

「肩こりがなくなった」

「よく眠れるようになった」

「肌のハリが出て化粧品のノリがよくなった」

などの多くの声が聞かれます。

保険外診療のため自由診療扱いとなります。窓口で御相談ください。

プラセンタエキスの主な薬理作用

続きを読む

お盆ストレス

お盆を過ぎた8月下旬~9月の初めにかけては、夏の間にボロボロになった胃腸に悩む患者さんがグッと増えます。夏の胃腸の疲れは秋口に出てきます。「食欲の秋」を迎えるために今こそ胃腸を整える必要があります。さて何故、夏に胃腸の調子が崩れるのか?
その要因のひとつが「お盆ストレス」です。
米国の心理学者のホームズとレイの2人は人生に起こる種々の出来事の「ストレス度」を数値を用いて評価しています。「配偶者の死」を100とすると「離婚」は73、「退職」は45といった具合です。又、「長期休暇」は13、で「法律違反」の11よりも高くなっています。実は夏休みはストレスのもとなのです。お盆で多くの人のお世話をし親戚に気を使ったり、又帰省ラッシュなど休みが終わったらみんなグッタリ・・・。思い当たる人は多いはずです。
2つ目の要因は自律神経の乱れです。夏場の急激な気温の上昇に対して体温調節がついていけなくなる、いわゆる「夏バテ」の状態となります。自律神経のバランスが崩れると食欲が低下し免疫力も落ちて胃腸炎などの病気の原因になります。
さてその大きな味方は「大根おろし」です。夏大根の辛味は食欲を増し胃の粘液量を増やし胃の運動を高めてくれます。更にジアスターゼが疲れた胃の消化を助けてくれます。生ですりおろして食べて下さい。一助になれば幸いです。

 

1474855063_img595

 

(追伸)
週刊少年ジャンプの人気漫画「こち亀」が1976年から40年続いた連載を終了した。
秋本治さん(63才)本当にお疲れ様でした。
しかし、私は連載マンガとしては「こち亀」は愛読書「コルゴ13」より続くと見ていた。何と言っても、1968年より「ビッグコミック」で連載執筆中のさいとう・たかを氏は現在79才と高齢だからである。
こうなったら、さいとう先生には100才までがんばって欲しいと思っている。
たかがマンガ、されどマンガなのです。

1474855063_img0293 1474855063_img0292

 

 

ゆうちゃんの最近

ゆうちゃんはピカピカの1年生で毎日楽しく小学校に通い、お友達もたくさん出来たそうです。一学期は皆勤賞でした。
さて、ゆうちゃんは7月10日のピアノの発表会でドラマのコウノドリのこうのどり先生が弾いたベイビーゴッドブレイスユーを弾き、またママと連弾でトロイメライを弾いたそうです。
家でも一生懸命、練習している様子が写真から分かります。
夏休みになったので遊びに来いよ。
セミを捕ろう!

1469435009_img0190 1469435009_img0189

1469435009_img01921469435009_img0185

1469435009_img01911469435009_img0202