11月 2016 archive

オイル

色々なオイルが雑誌やTVで取り上げられていますが今回はよく勘違いされている動物性の脂質について話します。
まずはマーガリンとバターについて。バターよりマーガリンの方がヘルシーと考えている人がいますがこれは間違いでマーガリンよりバターの方がベター。マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は油脂を加工、精製する工程で出来るもので2008年には虚血性心疾患や心臓の突然死を増やすと報告されています。
トランス脂肪酸は以前(H27年10月8日)に話した通りで避けた方がよいと思います。
次に何といっても動物性食品から取って欲しい脂質の代表は青魚の脂です。EPAとDHAが脳にも血管にも良いことはよく知られています。EPA、DHAは熱に弱いため一番良い食べ方は刺し身です。焼き魚にするなら脂が落ちないようホイル焼きにしレモンと大根おろしで脂ごとソースにしていただくことがおススメです。
その他卵の黄身や白身魚、肉に多く含まれる脂質のアラキドン酸は脳を健康に保つ作用があります。
工夫して摂って下さい。

1475114478_img542

膀胱がん

膀胱がんは男性に多いがんです。菅原文太さん(享年81)は2年前にこのがんで亡くなっています。ステージ2でした。
5年生存率はステージ1が94%、ステージ2が87%ですが、ステージ2になると膀胱全摘手術が主流であり、文太さんはそれが嫌で抗がん剤+放射線治療を行い、7年間は元気に生活されました。
ステージ1は最近、内視鏡でがんを切除する例が多く、治療期間が1週間で済みます。俳優、黒沢年雄さんは08年に克服しましたし、最近ではキャスターの小倉智昭さん(68才)も内視鏡的切除で早々と復帰しました。
膀胱がんの特徴は排尿時の痛み、排尿回数の増加、そして何と言っても「血尿」です。検診で血尿のみが陽性の方は必ず膀胱がんを疑っています。(良性では尿路結石があります。)
国立がん研究センターの研究では膀胱がんのリスクとして喫煙が1番と書いています。吸わない人の発症リスクを1とすると喫煙指数(箱×喫煙年数)が大きくなるほどリスクが増加し、50以上は2.2倍に上ります。たとえ禁煙してもやめてから10年未満では1.8倍ですからリスクはあまり下がりません。小倉さんも03年に禁煙するまで毎日3箱吸っていたそうですから喫煙による可能性が大です。
とに角、禁煙+早期発見を心がけて下さい。

1475218022_img567

慢性病のお話

専門医の間で「慢性病」は

①侵害受容性痛②神経障害性痛③精神心理的・社会的要因による痛み、の3つの種類に分けられるとあります。

①は転んで膝をぶつけて痛いと言った時に従来、よく使われるNSAIDsが効果を発揮する。

②は例えば帯状疱疹後の痛みのようにピリピリ痛い。①は正常な痛みの伝達系だが②は脊髄や脳神経の機能変化で異常を伝える信号が増幅した“異常な痛みの伝達系”でNSAIDsでは効かない。このことから慢性病の治療では①か②かの見極めが重要である。実際は①、②,③の混在もあるため、どれが最も大きな割合を占めるかを探らなくてはいけない。

①はズキズキ、重苦しい痛み、②はヒリヒリ、ピリピリ、ビリビリ、電気が走るといった痛み、といった患者の主訴を具体的に擬音語で表現させて医師はどういった痛みかを把握する努力が必要です。

②に関しては最近、新薬が数多く出ているので、適正な投薬が肝心です。

 

img609 img608

酒は鍛えられるか?

昔から「お酒の強さは生まれつき決まっている」が定説でした。
しかし毎日飲むと確かに少しは強くなります。お酒の強さはアセトアルデヒドを分解する酵素の働きで決まります。アルコールは体内で変化してアセトアルデヒドとなり頭痛や吐き気を引き起こします。これがアルデヒド脱水酵素2型(ALDH2)。
ALDH2の働きは個人差が大きく確かにその「強さ」は先天的に決まっています。では最初に話した「少しは強くなる」はどうしてか?
近年、もう1つの酵素の存在が判明しました。その酵素は「ミクロソームエタノール酸化系酵素(MEOS)」と言い、定期的にお酒を飲むと増えてきて酔いづらくなるのです。
かと言ってMEOSは無限に増える訳ではなく、過度のお酒の練習はアルコール依存症につながる恐れがあるので、やはり飲み過ぎには注意して下さい。

1479347045_img5921479347045_img593

(追伸)

11月13日(日)は七五三で、ゆうちゃん(7才)は、あでやかな姿になりました。

かわいいですね。

 

img_0522 img_0523
img_0524 img_0526
img_0533 img_0525

img_0532

 

 

 

 

世界糖尿病デー

今日11月14日はWHOが定めた日で、世界糖尿病デーです。インスリンの発見者フレデリック・バンディングの誕生日に当たり2006年12月の国連総会で公認されました。

世界各地でブルーライトアップを灯す行事が行われます。東京タワーもしかり。

さて今日は糖尿病にちなんで「砂糖税」のお話です。

WHOが10月11日に肥満や糖尿病を減らすため砂糖の入った飲料に対して課税を進めるよう各国に呼びかけました。理由は砂糖入り飲料の消費は「肥満や糖尿病の主因」で「政府が課税すれば命を救える」と考えたからです。WHOは昨年3月に1日当たりの糖分の摂取量を1日の総カロリーの5%未満に抑えると虫歯や肥満の予防効果が高いと指摘しています。

欧米では砂糖税を導入している国は多く、フランス・メキシコ・ハンガリー、米国カリフォルニア州バークレーなどに続いて英国でも2018年から導入が決定されています。

英国は「欧州の肥満大国」との異名があり肥満対策費に年間約6兆円を使っているそうです。

はたして日本は業界の反発もあり、どうなるでしょうか?

いずれにしても各自が糖分の摂取に関心を持つことはとても大事だと思います。

 

img602(追伸)

11月5~6日と(娘のつわりが治まって)久しぶりにゆうちゃんがやって来た。

「ゆるキャラグランプリ」や「猫展」そして例の「ハゼの木」を見に行った。

私と立っている写真を見て、みんながゆうちゃんの背が伸びてきたと言ってくれた。

img_0488 img_0489
img_0490 img_0494
img_0492 img_0496

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の食欲

「食欲の秋」とどうして言うのでしょうか?

いくつかの理屈がありました。

①秋になると気温が下がり、体内で熱をつくるために基礎代謝が上がります。そのエネルギーを補給するため食欲が増す。

②日照時間が短くなりセロトニン分泌量が減ってくる。セロトニンは脳内の神経伝達物質で、精神を安定させる働きがあります。夏に比べ日照時間が少ない秋冬はセロトニンが不足して無気力になったりイライラしがちです。                    そのセロトニンを増やす方法は日光浴のほかに糖質、乳製品、肉類を摂取することと、睡眠を取ること。だから秋になると自然と食欲が増し眠くなる。

③夏バテから回復して消化器官の働きが良くなる。野生動物のように冬に備えて秋は栄養をため込む。これは自然の摂理です。

以上ですが「馬肥ゆる秋」のように、あまり太りすぎないようにして下さい。img603(追伸)

アメリカはアトランタ在住の知人、Mさんにお願いして折に触れて、アメリカの風景を送ってもらうことにしました。

日本とは違った風景を楽しんで下さい。

初回はアトランタから車で2時間のヘレンの郊外にあるAnna Ruby Fallsという滝です。紅葉が見事です。

それにしても写メールは世界をあっという間に駆け巡ります。その恩恵にあずかる現代の我々は幸せです。

img_0498 img_0497

スーパーフード

最近女性を中心に注目を集める「スーパーフード」。
多種多様な栄養が豊富に含まれていて、ある栄養素が突出して含まれていたりする食材のことで1980年頃、米国で予防医療として注目され始めました。
どれにも共通して言えるのは抗酸化力が高いと言うこと。免疫力を高めたり血液をサラサラにしたりする働きがあります。「アサイー」などはその代表です。
その他を紹介すると
①チアシード・・・水につけると10倍に膨らみジェル状になる。オメガ3が含まれ中性脂肪やコレステロールの低下、動脈硬化の予防によい。ポン酢に入れると食材と絡みやすくなるため、つけすぎて塩分を取りすぎるのを抑えられる。

②アマニ油・・・加熱せずに冷ややっこやサラダ、刺し身しょう油などに数滴垂らして使う。血液サラサラ効果がある。

③スピルリナ・・・藻の一種で髪の毛や皮膚などの材料となる植物性タンパク質が豊富。青のり感覚で焼きそばや納豆、味噌汁などに入れるのがオススメ。

今後目にすることが多くなるので知識だけでも入れて置いて下さい。

1478505458_img577 1478505458_img578 1478505458_img579 1478505458_img580

楽器と肺炎

今年の医学誌「ソラックス(Thorax)」に面白い論文が掲載された。「バグパイプ」を趣味で毎日吹いていた男性が咳、痰、呼吸困難を起こし悪化して亡くなったというもの。
詳しく問診するとバグパイプを演奏してなかった頃は症状が出ませんでした。そしてそのバグパイプの内部から数種類のカビが検出されました。
しかしこれは「カビによる肺炎」ではなく、カビの成分のタンパク質に一種のアレルギー反応を体が起こしてアレルギー性の肺炎になったのです。一度そうした反応が成立してしまうと少量のカビを吸い込むだけで再び重い症状が出現します。これを「過敏性肺炎」と呼びます。
楽器ではトロンボーンやサクソホンでも同じような報告があります。演奏をやめるか楽器を洗浄してカビを除去すると症状は改善します。
どうか楽器演奏者の方は呼吸困難には注意して下さい。

1479691916_img594

(追伸)

先日の「ハゼノキ」の場所がよく分からないとの指摘が何件かありましたので下に地図を添付致しました。御活用下さい。

 

img604