12月 2018 archive

葛根湯

葛根湯は正露丸と並ぶ家庭常備薬の代表格。風邪のひき始めの肩や首の凝り、頭痛や鼻水など諸症状に効くユーティリティープレイヤーである。1902年誕生の正露丸よりずっと歴史は古く、中国の後漢時代にはあったとされる。

落語のヤブ医者の小噺「葛根湯医者」も面白い。

「先生、どうも頭が痛くて」

「頭痛かあ。葛根湯をやるよ」

「先生、こっちは腹が痛いんです」

「腹痛かあ。葛根湯をやるからお飲み」

「その隣の方は?」

「付き添いでやって参りました」

「それは退屈だろう。葛根湯を飲みな」

「・・・・・」

それぐらい庶民に浸透していたようです。

成分はくず湯で知られる葛の根にしょうがやシナモン、麻黄などを混ぜたもので、ほとんど副作用はありません。子供にも安心です。

おうちに1包いかがですか?

 

睾丸

睾丸はラテン語でテスティス(TESTIS)と言います。

男性ホルモンの代表であるテストステロンは「睾丸のステロイド」という意味です。

古代ローマでは男性ホルモンであるテストステロンは正義感、忠誠心に関係していると考えられており、男らしい人はうそをつかないと解釈されていました。それ故、睾丸のない女性や睾丸を摘出した男性(宦官)は裁判の証人にはなれませんでした。

英語でもTESTISから派生したTESTIFY(証言する)やTESTAMENT(証拠)等の言葉があります。

テストステロンは睾丸以外の副腎でも作られ、正常男子では1日5mgが分泌されます。テストステロンは前立腺、陰茎などの発達を促すほか、筋肉や骨の発達、タンパク同化作用などに関わっています。

テストステロンが欠乏すると骨粗鬆症、記憶低下など加齢が進み高血圧や内臓脂肪の増加が起こり結果として心筋梗塞、脳梗塞のリスクが一気に上がります。

テストステロンは男らしさを作り、男らしさを維持する大切なホルモンです。この低下を防ぐにはバランス良くタンパク質を中心の食事を取ること、スクワットのようなコアマッスルを鍛える運動をすること、よく眠ること、等が必須です。

いつまでも男らしく・・・。

こころの健康

こころの不具合、例えば「うつ気分」になった時にどうすればいいのでしょう。

ある人は音楽を聴くと乗り越えられる人も居ると思います。

今日の救いのテーマは「運動」です。運動を続けている人はうつ病にかかりにくいという研究成果もありますし、うつで治療中の人も運動することで回復が助けられるという報告もなされています。

脳科学的には運動をすることで脳内の快感物質が増えて気持ちが楽になるという仮説が指摘されている。

一方、心理的には日々の悩みから一時的にでも離れられることが良い形で影響している。

例えばゴルフで例えると練習場で球を打つ間は少なくともそれまで考えていたも妄想やうつ気分とは無縁になれるはずです。すると帰りは爽快な気分になることはみなさん、体験があるでしょう。

「妄想に付き合わない時間をつくる」-これは運動がとてもよい手段と考えています。

スポーツの秋、楽しんで下さい。

 

ラーメンの歴史学

明石書店から「ラーメンの歴史学」という本が出版された。

著者のバラク・クシュナー氏が英語教師として来日して出会いハマッたラーメンを切り口に日本の食文化史を描き出した本。

今日、ラーメンは世界的には日本食として最も知られ、ロンドンなどでもブームの絶頂を迎えている。

日本で独自の発展を遂げ、海外進出を果たしたラーメンと今や世界を席巻するインスタントラーメンにスポットを当てている。

戦国時代の日本で暮らしたルイス・フロイスは日本では少量しか食べ物を盛らないと著書で指摘している。近代日本の軍隊では白米の供給にこだわった結果、脚気が頻発。食糧軽視の伝統は第2次世界大戦で悲惨な結果を招く。食糧の補給線を顧みなかったため、兵士の半数以上が飢えや病で命を落とした。軍隊はコメこそが国民食という考えを普及させたが終戦直後には肝心のコメが不足し、人々はパンやメン類等の小麦製品を代用品として食べるようになる。そこで、おいしく栄養価が高い食べ物としてラーメンが登場した。

是非、御一読下さい。