60才

60才の患者さんは今や珍しくありません。

では、60才~70才の方は、若々しく生きて行ってるでしょうか?年齢構成的には「若い部類」です。

でも考えてみて下さい。昔なら「隠居」をしていました。当然体力の低下があります。

健康維持や老化予防には健康的な生活習慣を持つことが不可欠です。食事は野菜や肉、魚を摂ることを意識して下さい。薬が必要な人は欠かさないこと。

さて運動ですが、ケガの危険性の高い「激しい競技スポーツ」ではなく、ラジオ体操や散歩などの「健康スポーツ」がお勧めです。ゴルフはギリギリのスポーツですが毎日毎日行っていると膝や腰が悲鳴をあげます。間隔を空けて行って下さい。それとメンタル面でも健康を意識して「自分で自分をほめる」プラス思考が大事です。体力の低下は気力の低下をどうしても招きがちですので、「もう60才だけど元気だ」とほめて下さい。

 

Print Friendly, PDF & Email