ドライブレコーダー

現在、交通事故が急増している。
私は毎日、事故の患者さんを診ているが、内容が10年前と変わってきている。それは自分は正常運転をしているのに・・・というモノである。例えば「信号待ちですごいスピードで追突された」「前を走っていた二輪車がいきなり自分の車の前によろけて来て結果、はねてしまった」等。
これらは加害者側の携帯使用がかなり多いと聞く。街を歩くとメールを打ちながら自転車をこぐ若者の何と多いことか。いつ事故に遭ってもおかしくない。さて、ドライバーの側にしてみれば相手が明らかな過失があるのにはねてしまった場合、証拠が乏しいと二輪車が優位になることも少なくない。例えば「携帯なんかやってません」と実地検証で主張されるとドライバーは前方不注意となる。そこで自らの潔白を証明するのがドライブレコーダー(DR)である。これがあると相手が携帯をしていたとか、ウィンカーを出したか等の全ての客観的な映像が残るので裁判でも圧倒的な証拠となる。
DRは12年前に京都祇園で起きた暴走事故から世間に浸透。市場調査会社GfKジャパンによると2013年の販売数が30万台だったが2015年には60万台と倍増。これはカー用品店やネット販売の数です。しかしDRの存在を知っている人のうち保有している人は昨年10月で16%とまだ低いです。DRはマイクロSDカードに映像を書き込み古い映像に上書きしていく仕組み。Gセンサーと言ってクルマが衝撃を感じた際の20秒間の映像を自動的に保存する機能もあります。DRは7000円~3万円台で売っているようです。
交通事故はもちろん防犯機能付きのも出ています。
事故はもう自分で守る時代です。是非、ドライバーの皆さん、御一考下さい。尚、私は最近、装着しました。

 

1470619887_img586 1470619887_cimg5915
Print Friendly, PDF & Email