肺炎対策

日本人の三大死因はがん、心臓病、肺炎ですが、がんや心臓病で亡くなった人の中には肺炎を併発して死に至ったケースもあります。高齢者の肺炎は認知症、足腰の衰え、糖尿病悪化、心血管疾患、脳卒中のリスクを上げることも研究で明らかです。

ではその予防は?

厳しく判定すると、うがい・手洗いは感染率を下げるものの完全には防げない。マスクも防御効果はほぼゼロ。間違いなく効果があるのは口腔ケアと禁煙です。

それと肺炎球菌ワクチンの予防接種。肺炎の死亡者のうち97.3%が65才以上のため、公費助成が65才以上で行われていることは御存知の通り。

この制度は来年3月で終了予定です。

肺炎球菌ワクチンはインフルエンザワクチンと両方接種する方が効果が高い。インフルエンザにかかると肺がウィルスでボロボロになり、そこに肺炎球菌が入り込み、肺炎発症→死亡へのリスクが高まります。

「今までワクチンなんかしなくても感冒にかかったことはない」と豪語する人が居ますが感心しません。

是非、長生きの努力をして下さい。

(追伸)

先週、遅ればせながら、長男から父の日兼、夫婦誕生日のプレゼントが届きました。

手紙を読むと学会でノルウェーに行ってた、と。「泊まったベルゲンという街はフィヨルドが有名でとても良かった」とありました。

ミトンやゴルフボール、絵葉書、栓抜きをお土産として同封してくれました。

ありがとう。

尚、学会は英語で無事に(?)発表出来たそうです。

 

Print Friendly, PDF & Email