熱中症

5月なのに30度越えの毎日である。

異常気象である。以前に書いたことがありますが、日本はやがて四季から二季(夏と冬)になるというある気象学者の予想は当たりそうです。

いくつか熱中症のおさらいをしておこう。

脱水とは水のみでなく塩分も失われることを覚えておいて欲しい。体の中で体液の多い臓器に異常が起こりやすい。

①脳・・・めまい、立ちくらみ、頭痛、けいれん

②消化器・・・食欲不振、悪心、嘔吐、下痢

③筋肉・・・こむら返り、しびれ、まひ

高齢者の場合は体液をためるタンク(筋肉)が少なく、のどが渇いているのに気がつきにくくなります。

ベロを見て乾いていたら要注意です。脱水になる前にと、経口補水液も開発されています。ポカリスエット、アクエリアスに加えオーエスワン等。冷蔵庫に1~2本は用意しておきましょう。

(追伸)

5月26日(日)、30度の気温の中、宇和島のゆうちゃんは運動会でした。前の日から熱中症を心配していた私ですが、元気な写真を見て安心しました。

しかし、運動会って、いつが果たしていいんでしょうね?

まりちゃんは帽子はいらないのかな?

(写真6枚)

 

Print Friendly, PDF & Email