シャチハタ

朱肉不要の便利なハンコと言えばシャチハタのネーム印。

認知度は圧倒的だが「Xスタンパー」というれっきとしたブランド名がある。もともとシャチハタはスタンプ台から始まった会社で、1925年に「万年スタンプ台」を発売して大ヒットさせたのだが、次なる物をと考えたのがインクを内部にためて印面に伝える「インク浸透印」の発想。そもそもふつうのゴム印では無理な話で設計としては細かいスポンジ状の穴が必要になる。どうやって開けるか?さまざまな実験を経てたどり着いたのは「塩」。ゴムと混ぜて形成しお湯に浸すと水溶性の塩だけが水に溶け出して穴が開く。

インクはボールペンをヒントに染料系を開発した。かくして65年、Xスタンパーが誕生。68年、初代ネーム印を発売した。次に大きな転機となったのが顔料インクへの転換です。1日何千回もハンコを押す銀行員の声に耳を傾け、紫外線に強く長期間陰影が変わらずに残せる顔料インクを開発した。78年に印面11ミリの「ブラック11」を発売。そして86年、「ネーム9」が登場した。

初代発売から半世紀。累計販売本数は約1億7500万本に及びます。

がんばれシャチハタ。

Print Friendly, PDF & Email