脳の使い方(その1)

イエール大学のポール・マクリーン博士が提唱した「三位一体脳」説によると、ヒトの脳は次の3層で成り立っている。

①爬虫類的脳

②旧・哺乳類的脳

③新・哺乳類的脳

①は脳幹にあたり、原始的な本能をつかさどる。

②は大脳辺縁系にあたり、感情や快楽中枢などをつかさどる。

③の大脳新皮質が重要で論理的思考などの知的プロセスをつかさどると共に、社会的な関係など、いわゆる「人間的」な部分を担っている。

 

例えば敵の反撃に対応するには①の脳、種の保存つまりセックスは②の脳、そして③は「共生」を志向する。人間らしく振る舞えるのは③の脳があるからである。

人間には嫉妬心があるので多くの人は他人の成功に対し喜びより悔しい思いが先に立ってしまう。ライバルの失敗や転落をひそかに望む人も多い。しかし幸運をつかむためにはライバルの成功を一緒に喜ぶことも必要なのです。

他人を思いやれる度量の大きな人ほど肝心な時に力を発揮できます。

③の脳をうまく機能させて下さい。

(追伸)

ビートルズのコピーバンドとして有名な「レット・イット・ビー」。

2014、2015年の日本公演で大好評を博し今回、再来日。

6月10日(日)に市民会館へ観に行った。

4人のメンバーにかなりそっくりさんで、ジョージハリソンは、まさに本物が歌ってギターを弾いているようだった。ハリソン作で私の大好きな「Here Comes The Sun」はとても熱唱して感激した。1960年代にタイムスリップしました。

ビートルズ世代は年を取ったが歌は時代も国境も越えて価値は不変です。ジャズ、クラシック、ポップスーいずれも内包するビートルズナンバー。是非、若い人にも音楽を聴いて欲しいと思います。

「Yellow Submarine」のハンカチを記念に買いました。

(写真3枚)

Print Friendly, PDF & Email