熟睡のために

外来では、「よく眠れない」という訴えはものすごく多いです。

気候や生活環境の変化、ストレスがよく原因になりますが食生活も大きく影響します。

「眠れないからアルコールを飲む」は毎回、書いていますが不可です。過度のアルコールは睡眠の質を下げてしまいます。寝酒はアウトです。

さて適度のお酒はリラックス効果があるので可ですが、そのときに快眠に良いおつまみはいかがですか?

体内に働きかけ自然な眠りを誘うのは「メラトニン」というホルモン。体内で生成されるメラトニンの量は(何回も書きましたが)、光量に関係しているので朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びて下さい。

さて食べ物ではメラトニンの材料となる必須アミノ酸「トリプトファン」を適切に摂取して下さい。トリプトファンを多く含むのは乳製品、卵、バナナ、ナッツ、大豆、レバーなど。酒のお供にチーズは良いわけです。(唯し、脂質も多いので食べすぎは注意です。)

朝起きたら目玉焼きやスクランブルエッグでトリプトファンをしっかり摂れます。時間がない人はヨーグルトやバナナがいいと思います。

(写真2枚)

(追伸)

来る3月11日(日)で当院は、創立31周年となります。

先代、後藤田内科よりちょうど50年にあたります。後藤田先生もあの世から喜んでくれていると思います。

今後共、皆様の支えをいただきながら頑張りたいと思いますので、宜しくお願いします。

最後に、ゆうちゃん、まりたん ありがとう。がんばりますね。

(写真3枚)

   

Print Friendly, PDF & Email