こころの健康

新年度が始まって半年が経ちました。学生さんは新しい授業、担任のもとで、大人も転勤や転居と変化の多い季節である。

クラス替えや人事異動で周りにいる人も変わった人がいるでしょう。

さて、新しい環境では緊張や不安を感じるものです。人見知りが強い人は尚更です。私も学生の時はそうでした。どんな場所でも、いつも通りに元気に力を発揮できる人は、うらやましく思いました。

では新しい職場で不安を全く感じないのが良いことか。それは否である。何の不安も感じずに、これまでと同じ行動をしていると、思いがけない失敗をする可能性がある。慣れない場所ではむしろ良くないことが起こる可能性を考えて慎重に行動した方が安全である。不安や緊張は自分を守る安全弁の働きをしている。不安や緊張を感じたときは、これがノーマルだと信じて今、自分に出来ることに集中して欲しい。

次に、私達が何かをするとき「うまくいかなかったらどうしよう」と考えて心配しているときよりも「うまくいけばどうなるだろう」と前向きに考えた時の方が成功する確率がずっと高いです。

是非、ポジティブに行動して下さい。

(追伸)

先日、上京する機会がありました。

六本木はすっかりクリスマスモードでした。東京タワーも見えてとても、綺麗でした。

(写真10枚)

 

Print Friendly, PDF & Email